読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大学生のドラキチブログ

愛知在住の大学生がドラゴンズについてあれこれ書くブログ

8月反転攻勢へ

中日 1-6阪神


先発ジョーダンは好投した。6回までは完全に力で阪神打線を抑えていた。7回も2点こそ失ったが7回2失点なら十分、好投といえるだろう。


結果的に8回1点ビバインドで登板した祖父江が試合を壊してしまった。祖父江は大差の展開で登板すると良いピッチングをするのだが、どうも接った展開では力を発揮できない。



苦しい展開が続くが月替わりがツキ代わりとなることを祈るばかりだ。





4年ぶりの勝利

中日 3-1阪神


伊藤準規が4年ぶりに勝った。思えば公式戦ではないが、2012年あのCS読売戦以来の勝ち星ということでかなりの時がたったことを実感せざるを得ない。かつての背番号18も剥奪されケガに苦しみ掴んだ久々の勝利。格別だろう。 


チームとしてはこの勝ちを起爆剤として今日から一つでも多く借金を返済していきたい。

 


結果的に決勝点となった平田の3ラン見事であった。




来週甲子園でのプロ初勝利を期待する

中日 2-5 ヤクルト



4度目、セリーグ相手には初先発となった小笠原だが、5回投げて3失点。またもプロ初勝利はお預けとなってしまった‥



先制してもらった直後のイニングで先頭大引に本塁打を許し、5回も先頭打者に四球を与えそこから失点しまうなど勿体無い点の取られ方であった。



しかし冷静に考えてみれば彼は今年の春まで高校生だった訳で、今は全てが経験である。さすが昨夏、甲子園の優勝投手だけあって堂々としているし、球威も十分通用する。来週思い出の詰まった甲子園球場でドラマのプロ初勝利をみせてもらいたい。



さてチームの方はヤクルトに3タテを喫し、ついに二桁借金を背負い、ヤクルトに抜かれ5位に転落した。こうなるとファンもフラストレーションが溜まるが、こんな時こそ目の前の1試合、1試合を必死に応援するしか我らにできることはないだろう。











諦めなかった

中日6-5広島

今日からブログを新たに書き始めます。僕は中学2年(2007年)から熱狂的なるドラゴンズファンでこのブログではドラゴンズへの熱い思いを読んでくれる皆さんと共有していきたいと思っています。拙い文章ですが何卒よろしくお願いしますm(__)m


さてさっそく昨日のゲーム。我がドラゴンズ、マツダスタジアムでの今季初勝利!!

初回から効率的に得点して一時、4点差をつけましたが、そこは認めたくはないけど、現在、首位の赤ヘル軍団。粘り強い‥


6回ビシエドのまさかの落球から丸に同点タイムリーを打たれたときは逆転を覚悟‥それでもリリーフ陣の粘りと再三の得点圏でのルナに助けられ(笑)



うん。彼の中には今だにドラゴンズブルーの血が燃えたぎっているのでしょう(笑)

先発ジョーダンも結果的にノックアウトみたいな形になってしまいましたが、ビシエドの落球がなければ6回4失点と、強力打線相手によく粘った。


しかしその後も何度も徳俵に足を引っ掛けながら‥粘って粘って‥

福谷が2つの四球を出した時など頭がクラクラしましたが、何とか後続を打ち取り(彼がすんなり抑える所を早くみたいものです)岡田も得点圏で丸、ルナを打ち取り。耐えて耐えて。完全な逆転負けムードでしたが、最後、杉山の意地のV打で勝利!


すんなり勝てば一番いいのかも知れませんが気がつけばセの遥か上にいる赤ヘルチームのしかも敵地でそう簡単に勝てる訳もない。



徳俵で踏ん張って最後に敵をうっちゃったこの勝利は大きいはず。そして決勝打を放った杉山、結果論だが、正直あの場面ビシエドを歩かせてくれてよかったなと。勝負強さは一番といってもいい杉ちゃん。追い込まれてから粘っての押し込むようなライト前。



まるで今日のゲームを象徴するような一打。諦めないドラナインの姿勢が凝縮された一打に熱いものが込み上げてきた‥



そしてその流れを引き寄せたと言っていいタジマジンの快投。140キロ後半のスプリットがキレキレ。イニング跨ぎで5者連続三振はさすがの一言



最後に大島サイクルヒットおめでとう!

ドラゴンズでは2004年のアレックス以来ということでリアルタイムでみれてよかった。ドラゴンズの浮上にはやはり先頭打者大島洋平の躍動が欠かせない!


さあ明後日からはホームナゴヤドームに久々に返ってのヤクルト3連戦。地元で一気に加速したい所だ。